24322

「八王子市地域腎友会」お知らせ掲示板

【人工透析ニ人会トップへ】
【透析サロントップへ】



[127] 八腎会第9回総会開催&第17回透析透析サロン開設のお知らせ Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏   Date:2018/06/03(日) 14:53 


 (第17回透析サロン一般向けポスター)

例年になく猛暑が予想される厳しい季節がやってきますが、「八王子市地域腎友会」会員の皆さんやそうではない皆さんにおかれては、「熱中症対策」など準備おさおさ怠りなく対処されていることと思います。
さて、「八王子市地域腎友会」では、第9回総会及び第17回透析サロンを下記の通り開催いたしますので、万障お繰り合わせの上ご参会くださいますようご案内いたします。
今回の透析サロンでは、管理栄養士の方をお招きし、初めて透析患者なら誰しも身に覚えのある便秘の原因と対策について、管理栄養士の立場からお話をしていただきます。
                      (記)
○日 時:平成30年7月1日(日)午後1時30分〜午後4時30分(予定)
○会 場:「八王子市クリエイトホール」10F 第5学習室(所在地:下記URL)
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/004/001/001/p005127.html
○第1部:午後1時30分から第9回総会
○第2部:午後2時30分から第17回透析サロン
◆透析サロンの内容
@ テーマ:管理栄養士の立場から「透析患者の便秘の原因と対策」について
A ゲスト:めじろ台西澤クリニック所属「鈴木さゆり」管理栄養士
B 司 会:八王子市地域腎友会事務局長「岩崎正宏」

透析サロンは、私たちが充実した透析ライフを送る為の自由な情報交換の場です。八王子市在住の透析患者であれば、どなたでもお一人でも参加できます。また、そのご家族・ヘルパーの方との同伴参加OKですし、ご家族・ヘルパーの方だけでも参加できます。(詳しくは、この掲示板上の【透析サロントップへ】をクリックしてご覧ください。)
尚、八王子市在住以外の透析患者でも、当日会場に来られる方は、透析サロンを無料で傍聴できますので、遠慮なくご参加ください。(一般の方の傍聴もOK) この場合、当日資料準備の関係もあり、下記連絡先まで電話にてご一報いただくと有難いです。

*当透析サロンは、一部「歳末たすけあい募金」の助成金(「八王子市社会福祉協議会」経由)で運営しています。

 <連絡・問い合わせ先>
☎ 042−666−6066(池谷)=会長=(月水金午後透析)
  042−663−8746(岩崎)=事務局長=(月水金午前透析)
  042−622−4738(齊藤)=副事務局長・イベント担当=(月水金午前透析)

尚、「透析何でも電話相談室(ピア・カウンセリング)」も、引き続き次の通り開設していますので、遠慮なくご活用ください。また「八王子市地域腎友会」では、八王子市在住で患者会のない透析医療機関に通院している透析患者を主対象とした「個人会員募集」も随時行っておりますので、入会希望の方は、まずは事務局にお電話ください。(慢性腎臓病<CKD>の方や腎移植された方も入会できます。) 因みに、年会費は、いつ入会しても、その年度「100円」です。
@「透析何でも電話相談室」設置場所:「八王子市地域腎友会」事務局内
A「八王子市地域腎友会」事務局TEL:042−63−8746
B開設日時:毎月第4土曜日午後1時〜午後4時
C相談内容:透析医療に関して、日頃皆さんが疑問に思っていること、不安に思っていること、あるいは透析環境・透析条件・透析関連事項など何でも、あくまで透析患者の目線・立場でお応えしますので、どうぞお気軽にお電話ください。

それから、「八腎会」池谷会長が八王子市長から任命を受け、平成24年4月1日から、「八王子市社会福祉委員」及び「八王子市身体障害者相談員」の業務を委託されております。この「相談員制度」は戦後間もなくできた制度で、現在「知的障害者相談員」と合わせて20人の相談員がおります。池谷相談員を含む「八王子市身体障害者・知的障害者相談員」合計20名の氏名・住所・電話またはFAX・障害区分は、八王子市ホームページ」より、「福祉のしおり」の該当ページをご覧ください。次のURLをクリックしてください。<11.相談の窓口の(4)参照>
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/welfare/005/014/009/p004407_d/fil/11.pdf


[126] 第18回八王子古本まつり参加報告 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2018/05/08(火) 12:09 


            (「八腎会」ブース)

第18回八王子古本まつりが、平成30年5月2日(水)〜6日(日)の5日間、八王子駅北口「西放射線ユーロード」にて開催され、八王子市地域腎友会(「八腎会」)は、開催期間中の5月3日(木)〜6日(日)の4日間、午前10時から午後5時まで、今回も主催者のご好意により「八腎会」のテント(ブース)を無料で設置していただき、障害者団体として参加いたしました。今回も参加の理由・目的は、次の通りです。
@八王子市民への「八腎会」のPR(知名度・認知度アップ)
A会員(その家族含む)の手工芸品・手作り木工品・持寄り雑貨等の展示・販売(売上げの10%が「八腎会」の委託販売手数料)
B腎臓病・人工透析何でも相談(ピア・カウンセリング)実施と個人会員(患者会のないところ)募集(いつ入会してもその年度年会費100円)
今回の手工芸品・木工品・持寄り雑貨等の売上高は、現在集計中です。4日間にわたる第18回八王子古本まつり参加期間中における「八腎会」会員・役員とその家族・知り合いの皆さんや八王子市ボランティアセンターからのボランティア2名のお手伝いとご協力に深く感謝いたします。どうもありがとうございました。
次回第19回八王子古本まつりは、今秋平成30年10月5日(金)〜9日(火)の5日間開催されます。「八腎会」も、参加日数は決めていませんが、いずれにしても参加時期を絞って参加する予定ですので、その際には、会員・役員とその家族の皆さんをはじめ、これまでと同様の手工芸品・木工品・持寄り雑貨等の提供や販売のお手伝いをまたよろしくお願いいたします。

 【追記】
@八王子古本まつりのホームページのURLは次の通りですので、今回の第18回八王子古本まつり全体をご覧になりたい方はクリックしてご覧ください。
http://hachiojiusedbookfestival.com/
A今回も「八腎会」池谷会長がリーダー(ベースギター担当)を務めるプロのジャズ(ブルース)バンド“TAXI”が、「第18回八王子古本まつり」においても、5月5日(土))午後1時から、約1時間、八王子駅北口「西放射線ユーロード」中町公園ステージに出演・演奏いたしました。今回は従来以上に「大盛況の演奏会」となりました。
尚、“TAXI”の演奏は、YouTubeでも観ることができますので、次のURLをクリックしてご覧ください。それと、“TAXI”のCDが欲しい方は、「八腎会」事務局(042−663−8746)まで連絡いただければ手配いたします。
https://www.youtube.com/channel/UCtSL2baY5kbdstZ_dic1Yug


[125] 第18回八王子古本まつり参加のご案内 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2018/03/22(木) 12:51 


  (第18回八王子古本まつりポスター)

八王子市地域腎友会(八腎会)では、毎年春・秋2回開催される八王子古本まつりに今年春開催の第18回八王子古本まつりにも引き続き下記の通り参加いたします。今回も、5日間オール参加ではなく、4日間参加となりますので、ご注意ください。
                   (記)
【1】日時:平成30年5月3日(木)〜6日(日)午前10時〜午後5時
【2】場所:八王子駅北口西放射線ユーロード

(1)出品する物を募集します。
会員(ご家族等含む)の皆さんの手作り作品やフリーマ ーケットで売られているような物を出品してください。販売価格は、出品者が決めてください。いつも通り売り上げの10%を八腎会で委託販売手数料としていただきます。

(2)販売のお手伝いできる会員の方を募ります。
参加日(4日間)を通して、会員の皆さんのお手伝いを募ります。参加期間中のお手伝い可能な場合は、短時間でも結構ですので、今回もよろしくお願いいたします。
上記(1)(2)の詳しい内容・段取りについては、後記の事務局担当者<連絡先>にご連絡いただければ、その際にお知らせいたします。

会員はもとよりその他の皆さんも、是非私たち八腎会のテントにお立ち寄りください。
(八腎会のテントは、いつもの通り八王子駅北口の西放射線ユーロード「紳士服のキクマツヤ」の前あたり)

なお、八腎会としては、今回も八腎会テント内に「腎臓病・人工透析何でも相談室(ピア・カウンセリング)」を期日時限定にて、次の通り開設しますので、腎機能が落ちている方や人工透析治療を受けておられる方など、腎臓病に関わることでしたら何でも結構ですからお気軽にお立ち寄り・ご相談ください。
【1】日 時:5月3日(木)、5日(土)、6日(日)午後1時〜午後4時
【2】相談員:八腎会事務局長(透析患者)&個人HP「人工透析二人会」会長&日本透析医学会正会員、八腎会役員(透析患者・献腎移植体験者)
【3】相談料:会員はもとより非会員・八王子市非在住者含め無料
また、この相談室にて、基本的に八王子市在住の腎臓病・透析患者・腎移植者に限り八腎会に「個人会員」として入会希望の方は即入会手続きができます。(いつ入会してもその年度の年会費100円)

 <特報!> 
今回も、八腎会会長池谷がバンドリーダを務めるブルースバンド“TAXI”が八王子古本まつりの中町公園特設ステージに出演いたします! 5月5日(土)の午後1時から始まります。どんなバンドかは、YouTubeで観ることができますよ。YouTubeの“TAXI”オフィシャルチャンネルURLは次の通りです。URLをクリックしてご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCtSL2baY5kbdstZ_dic1Yug
                 
<連絡先>
☎042−663−8746    事務局長:岩崎正宏 (月水金透析) 
Eメール:iwasaki114@helen.ocn.ne.jp
☎042−622−4738  イベント担当:齊藤和巳 (月水金透析)
Eメール:kazutou_s@yahoo.co.jp    

★「第18回八王子古本まつり」のWebサイトのURLは次の通りです。URLをクリックしてご覧ください。
http://hachiojiusedbookfestival.com/


[124] 八王子市地域腎友会主催「第16回透析サロン」開設報告 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/12/16(土) 17:20 


       (年末年始の食事)
      <画像クリックで拡大>

去る平成29年12月10日(日) 、八王子市地域腎友会(通称:八腎会)主催「第16回透析サロン」は、22名参加の下、八王子市クリエイトホール10F第2学習室にて、午後1時から午後4時まで開設されました。最初に、池谷会長からの挨拶に続き、池谷会長所属のクリニックからゲストとして迎えたスタッフ2名の方(管理栄養士とナース)にそれぞれの立場でお話をいただきました。
その後、今回の参加者をできるだけ同じ患者会所属同士が一緒にならないように、役員・ゲスト含め3グループに分け、約2時間半に亘り、日頃の人工透析治療にからむ悩み・言いたいこと・聴きたいこと・分からないことなど、自由闊達な有益な情報交換ができ、極めて有意義な「しゃべり場」となりました。参加者各位、きっとご満足いただけたことと思います。
まず以下に池谷会長挨拶・ゲストのお一人管理栄養士のお話の要旨を載せておきますので、参考にされてください。

【1】池谷会長挨拶要旨
◆最近(平成29年11月)、慈恵医大等のチームが胎児の体内で行われている臓器の発生プログラムを活用し、腎臓を再生させることにラットで初めて成功した。尿を生成するなど腎臓の機能を完全に備えていることから、ヒトへの臨床応用に向けて大きく前進しそうだ。腎移植の希望がかなわない患者が多い中、腎臓の再生医療実現に向け、ヒトでの研究が進むことを期待したい。
◆八腎会の透析治療の基本方針「しっかり透析する・しっかり食べる・しっかり動く(運動する)のうち「しっかり透析」の最も有効な手段は「長時間透析」である。長時間透析の定義は、週3回では1回6時間以上(もしくは週3回以上では週合計18時間以上)とされている。しかしながら、諸般の事情でこのような本来の長時間透析は現実的でなく、実施している透析医療機関や透析患者は、極めて少ない。
そこで、皆さんもとりあえず、週3回・1回5時間半とか5時間透析を目指していただきたい。そうすれば、食事の自由度が上がり、たんぱく質・リン・カリウムなどもほとんど気にすることなく摂取可能(しっかり食べられる)となる。
◆一般的・平均的な透析患者(週3回・1回4時間)では、特にリン管理に十分注意していただきたい。血中リン濃度高値(6mg/dl以上)を放置すれば、血中カルシウムと結合して起こる血管石灰化が原因の動脈硬化によって、透析患者の死亡原因の上位を占める心疾患・脳疾患につながるリスクが大きくなる。合成調味料、保存料、着色料等の食品添加物を使用している加工食品に含まれる無機リンの吸収率は90%以上あるので、コンビニやスーパーで買い物をする場合など、加工食品に十分注意を払うことが日常の食事や間食や外食におけるリン管理に必要である。
◆八王子市の災害対策(障害者の災害対策含む)は非常に遅れていると指摘せざるを得ない。八王子市の二つの拠点病院には、災害時に電気と水を確保してもらわないと、私達透析患者は、結局八王子市で透析を受けることができず、それが1週間も続けば生命維持が危うくなる。八腎会としては、昨年平成28年6月より、障害者団体として初めて障害者の災害対策に取り組んでいるが、現状・先行き困難な課題・問題が山積しており、これらは「喫緊の課題ではあるが永遠のテーマでもある」と厳しく受け止めざるを得ない。八腎会としては、少しづつ一歩づつ前に進めたいと考えているが、まずは、災害時ライフラインがストップした場合でも、例えば1回3時間、週2回でもよいので、少なくとも二つの拠点病院では八王子市在住の透析患者全員の透析が順次交代で継続できるよう八王子市当局や市議会にも働きかけを行っていきたい。

【2】管理栄養士説明要旨
◆この時期にふさわしいテーマとして「年末年始の食事」と題し、このテーマを通じ透析患者にとって極めて重要な塩分管理(≒水分管理≒体重管理)について説明するので、お手元の配布資料(年末年始の食事;このページの左上の画像参照)をご覧いただきながら、聞いていただきたい。
◆透析患者の1日当たりの塩分(食塩相当量)は、日本透析医学会の食事療法基準によれば「6g未満(国際水準は5g)」となっている。これを実行することは、もともと諸外国に比べ塩分摂取量が多い日本人にとって極めて難しいが、特に透析患者は、でき得る限り遵守したいものである。もとよりヒトの身体は、1gの塩分を摂ると125mlの水が必要なようにできているので、このことを踏まえ、できるだけ塩分摂取量を少なくして水分による透析間の体重増を中1日でドライウエイト(DW)の3%以内、中2日で5%以内に抑えて、肺水腫・心不全への道を歩まないようにしていただきたい。
◆配布資料を見ていただくと、おせち料理をはじめとする各種料理毎の食塩相当量と減塩対策を載せてあるので、それぞれの組み合わせや減塩対策を上手に行って、塩分過多にならないように十分注意していただきたい。
◆年間を通しての減塩のポイントは次の通り。
@1〜2品に塩分を多く使い、他は薄味にするといったメリハリをつける。
Aねぎ・しそ・生姜・ニンニク等の香味野菜を活用する。
Bゴマ・山椒・カレー粉・唐辛子等の香辛料を活用する。
C酢・レモン・ゆず・すだち等で香りや酸味を活用する。
D少量の醤油を酢やだし汁で割って使う。
E調味料を量る習慣をつける。
F外食は単品よりも、自分で塩分を調整できる定食のようなメニューを選ぶ。
G市販されている小袋タイプの減塩調味料を持ち歩く。
◆最後に【食塩を使わない料理】1例を挙げれば次の通り。
<生鮭のカレー焼き(2人前)>
@ 材料
・生鮭2切れ(鰯の開き、生鯖の切り身でも代用可)
・小麦粉 大さじ1+1/2
・カレー粉 大さじ1/2〜1(好みで)
・サラダ油またはオリーブ油(適当)
A 作り方
1.ビニール袋に小麦粉とカレー粉を入れて振ってから、鮭の切り身を入れ、まんべんなく衣をつける。
2.フライパンに油を引き1の切り身を焼く。(切り身が厚い場合は、魚に味が付かないので、一口大に切る。)

尚、後半の自由討論において、参加者同士のおしゃべりがスムースに始まり、話題転換ができやすくなるようあくまで参考資料(レジメ)として、事務局が思いつくままアットランダムに作成したA4版1枚を参加者全員に配布しました。もちろん、このレジメの全部が話題に上がったということではありませんが、参考までに次に載せておきます。

                ★第16回透析サロンレジメ
【1】自己紹介
@所属クリニック・患者会名 A氏 名 B透析歴(透析年数) C原疾患(透析の原因となった病気) D三大透析条件(週あたり透析回数・1回あたり透析時間・透析1回の血液流量) E透析曜日と時間帯(午前・午後・夜間) F透析方法(HDorオンラインHDF Gドライウエイト(DW) Hシャント部位 I趣 味 J座右の銘
<氏名以外、分からない・言いたくない項目は飛ばしてください。>
【2】情報交換参考キーワード(アットランダム)
@人工透析と食事(エネルギー・たんぱく質・リン・カリウム・塩分摂取量、好きな食べ物<果物や野菜含め>、間食<おやつ>、正月料理、水分管理方法、食品在宅通信販売会社の活用等)
Aシャントやシャント血管問題(閉塞、PTA、穿刺時と返血時の消毒薬と止血テープ等)
B各種検査(血液検査頻度、血液検査値<ヘマトクリット、ヘモグロビン、リン、カリウム、β2−ミクログロブリン、インタクトPTH、 kt/V等>、心電図と心胸比<CTR>頻度と内容等)
C人工透析の合併症(透析アミロイド、二次性副甲状腺機能亢進症、高カリウム血症、かゆみ、足むずむ感等)
D使用薬剤(リンとカリウムの吸着剤、活性型ビタミンD製剤、貧血剤、糖尿病薬、鉄材等)
Eフットチェックとフットケア実施状況(ABIやSPP検査含め)
F便秘対策(症状、薬剤等)
Gダイアライザ―の種類と膜面積、透析液種類
H透析スタッフに言いたいこと(穿刺、止血、バイタルチェック、スタッフの人数等) 
I腎移植問題(献腎希望登録含め)
J障害年金と障害者手帳1級に係る諸問題(マル障問題等)や透析医療費問題
Kサルコペニア・フレイル
Lポリファーマシー(過剰な多剤併用)
MFGF−23
Nその他いろいろ 


[123] 八王子市地域腎友会主催「第16回透析サロン」開設のお知らせ Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/11/11(土) 08:59 


      <画面クリックで拡大>
 (第16回透析サロン一般向けポスター)

「八王子市地域腎友会」主催の第16回透析サロンを、下記の通り開設いたしますので、八王子市在住の透析患者の皆さん、万障お繰り合わせの上ご参加くださいますようご案内いたします。
昨年12月開設の透析サロンの評判が大変良かったので、今回も昨年と同様講師を招かず、当日参加者を当日に各患者会・各クリニックの枠を超えて5人程度にグルーピングを行い、同じテーブルを囲み自由闊達に透析情報交換をしてもらおうということにいたします。

                   (記)
【1】日 時:平成29年12月10日(日)  午後1時〜午後4時(予定)   
【2】会 場:「八王子市クリエイトホール」 10F 第2学習室
(クリエイトホール地図URL:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/004/001/001/p005127.html
【3】内 容:透析医療や透析環境に関し、5人程度でテーブルを囲み、日頃の悩み・疑問・意見・要望等について、自由闊達に情報交換を行っていだきます。
(@話し合った内容をまとめ、発表するということはいたしません。)
(A今回も家族・ヘルパー同伴や家族のみの参加もOKです。)
【4】進 行:八王子市地域腎友会事務局長「岩崎正宏」

透析サロンは、私たちが充実した透析ライフを送る為の自由な情報交換の場です。八王子市在住の透析患者であれば、どなたでもお一人でも参加できます。また、そのご家族・ヘルパーの方との同伴参加OKですし、ご家族・ヘルパーの方だけでも参加できます。(詳しくは、この掲示板上の【透析サロントップへ】をクリックしてご覧ください。)
加えて、八王子市在住以外の透析患者でも、当日会場に来られる方は、透析サロンに無料で参加できますので、遠慮なくご参加ください。この場合、当日資料準備の関係もあり、下記連絡先まで電話にてご一報いただくと有難いです。

*当透析サロンは、一部「歳末たすけあい募金」の助成金(「八王子市社会福祉協議会」経由)で運営しています。

 <連絡・問い合わせ先>
☎042−666−6066(池谷)=会長=(月水金午後透析)
  042−663−8746(岩崎)=事務局長=(月水金午前透析)
  042−622−4738(齊藤)=副事務局長・イ ベント担当=(月水金午前透析)

尚、「透析何でも電話相談室(ピア・カウンセリング)」も、引き続き次の通り開設していますので、遠慮なくご活用ください。また「八王子市地域腎友会」では、八王子市在住で患者会のない透析医療機関に通院している透析患者を主対象とした「個人会員募集」も随時行っておりますので、入会希望の方は、まずは事務局にお電話ください。(慢性腎臓病<CKD>の方や腎移植された方も入会できます。) 因みに、年会費は、いつ入会してもその年度「100円」です。
<「透析何でも電話相談室(ピア・カウンセリング)」の詳細>
@「透析何でも電話相談室」設置場所:「八王子市地域腎友会」事務局内
A「八王子市地域腎友会」事務局TEL:042−663−8746
B開設日時:毎月第4土曜日午後1時〜午後4時
C相談内容:透析医療に関して、日頃皆さんが疑問に思っていること、不安に思っていること、あるいは透析環境・透析条件・透析関連事項など何でも、あくまで透析患者の目線・立場でお応えしますので、どうぞお気軽にお電話ください。

それから、「八腎会」池谷会長が八王子市長から任命を受け、平成24年4月1日より、「八王子市社会福祉委員」及び「八王子市身体障害者相談員」の業務を委託されております。この「相談員制度」は戦後間もなくできた制度で、現在「知的障害者相談員」と合わせて21人の相談員がおります。是非皆さん困った時はお気軽にお問い合わせください。(こちらは、透析に限らず、腎臓病全体の相談もOKです。) 
池谷相談員を含む「八王子市身体障害者・知的障害者相談員」合計21名の氏名・住所・電話またはFAX・障害区分等を載せている「八王子市ホームページ」の該当ページを紹介しておきましょう。次のURLをクリックしてご覧ください。
http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/welfare/005/012/p004364_d/fil/shinntaisyougaisha.pdf

[122] 第32回障害者文化展作品募集のご案内 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/10/24(火) 14:13 


  第32回障害者文化展ポスター
   (画像クリックで拡大)
                       
毎年恒例の「第32回障害者文化展」が、来年平成30年1月中旬に開催されます。
八王子市地域腎友会(八腎会)としても、会員の皆さんの中で腕に覚えのある方は、是非出展していただきたく、下記の通りご案内いたします。
                    (記)
【1】展示期間:平成30年1月17日(水)〜21日(日)午前9時〜午後8時(21日は午後3時まで)
【2】表彰式:平30年1月16日(火)午後2時〜3時(予定)
・八王子市長賞 1点
・八王子市社会福祉協議会会長賞 1点
・努力賞 5点
・奨励賞 5点
【3】展示会場:八王子市学園都市センター11階 ギャラリーホール(八王子市旭町9−1<八王子スクエアビル内>)
【4】応募期間:平成29年11月29日(水)〜平成29年12月13日(水)
【5】応募作品:作品テーマは自由で、絵画・写真・書・版画・切り絵・詩・CG・木工等
・お一人1作品までで、オリジナルなものや未発表のものに限ります。
・展示スペースに限りがありますので、あまり大きな作品はご遠慮ください。
・絵画や写真等は額に入れ(書は表装等)ご出品ください。また、その他の作品もそのまま展示できる状態にし、梱包してお持ちください。
【6】応募方法:作品の裏面と作品ケースに「作品票」を貼り付けて必要事項を記入した「出品申込書」とともに、直接八王子市心身障害者福祉センターへご持参ください。(火曜日は休館、月・水・木・金・土は午前9時〜午後8時、日曜日は午前9時〜午後4時までの受付となります)=応募に必要な「作品票」と「出品申込書」等は、「八腎会」事務局に用意してありますので、出展ご希望の方は連絡いただければ、事務局からご自宅にFAXか郵送いたします=
【7】主 催:八王子市・八王子市心身障害者福祉センター
【8】後 援:社会福祉法人 八王子市社会福祉協議会(予定)
【9】問い合わせ:八王子市心身障害者福祉センター
・住 所:〒193−0931 八王子市台町2―7―22
・TEL:042―624―5850  
・FAX:042−624−5954
・Eメール:info@8sinsyo.com

 <「八腎会」への連絡・問い合わせ先>
☎ 042−663−8746(岩崎)=事務局長=(月水金午前透析)
  042−622−4738(齊藤)=副事務局長・イベント担当=(月水金午前透析)


[121] 第17回八王子古本まつり参加報告 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/10/12(木) 15:49 


  画像クリックで拡大 
  (「八腎会」ブース)

第17回八王子古本まつりが、平成29年10月6日(金)〜10日(火)の5日間、八王子駅北口「西放射線ユーロード」にて開催され、八王子市地域腎友会(「八腎会」)は、開催期間中の10月8日(日)〜10日(火)の3日間、午前10時から午後5時まで、今回も主催者のご好意により「八腎会」のテント(ブース)を無料で設置していただき、障害者団体として参加いたしました。今回も参加の理由・目的は、次の通りです。
@八王子市民への「八腎会」のPR(知名度・認知度アップ)
A会員(その家族含む)の手工芸品・手作り木工品・持寄り雑貨等の展示・販売(売上げの10%が「八腎会」の委託販売手数料)
B腎臓病・人工透析何でも相談(ピア・カウンセリング)実施と個人会員(患者会のないところ)募集(年会費100円)
今回の手工芸品・木工品・持寄り雑貨等の売上高は、「26,400円」でした。3日間にわたる第17回八王子古本まつり参加期間中における「八腎会」会員・役員とその家族の皆さんや八王子ボランティアセンターからのボランティア3名のお手伝いとご協力に深く感謝いたします。どうもありがとうございました。
次回第18回八王子古本まつりは、来春平成30年5月2日(水)〜6日(日)の5日間開催されます。「八腎会」も、参加日数は決めていませんが、いずれにしても参加する予定ですので、その際には、会員・役員とその家族の皆さんをはじめ、これまでと同様の手工芸品・木工品・持寄り雑貨等の提供や販売のお手伝いをまたよろしくお願いいたします。

 【追記】
@八王子古本まつりのホームページのURLは次の通りですので、今回の第17回八王子古本まつり全体をご覧になりたい方はクリックしてご覧ください。
http://hachiojiusedbookfestival.com/
A今回も「八腎会」池谷会長がリーダー(ベースギター担当)を務めるプロのジャズ(ブルース)バンド“TAXI”が、「第17回八王子古本まつり」においても、10月8日(日))午後1時から、1時間以上にわたり、八王子駅北口「西放射線ユーロード」中町公園ステージに出演・演奏いたしました。今回も従来同様「大盛況の演奏会」となりました。
尚、“TAXI”の演奏は、YouTubeでも観ることができますので、次のURLをクリックしてご覧ください。それと、“TAXI”のCDが欲しい方は、「八腎会」事務局(042−663−8746)まで連絡いただければ手配いたします。
https://www.youtube.com/channel/UCtSL2baY5kbdstZ_dic1Yug
B「臓器移植普及推進強化」の観点から、今回も「臓器提供意思表示カード」入りのポケットティッシュ500個を「八腎会」参加日全てにわたり、道行く人々に配布して臓器提供協力の呼び掛けを行いました。


[120] 第17回八王子古本まつり参加のご案内  Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/09/10(日) 14:37 


  (第17回八王子古本まつりポスター)
    <今回のテーマ:「百花繚乱」>

八王子市地域腎友会(八腎会)では、毎年春・秋2回開催される八王子古本まつりに今年秋開催の第17回八王子古本まつりにも引き続き下記の通り参加いたします。今回は、5日間オール参加ではなく、3日間参加となりますので、ご注意ください。
                   (記)
【1】日時:平成29年10月8日(日)〜10日(火)午前10時〜午後5時
【2】場所:八王子駅北口西放射線ユーロード

(1)出品する物を募集します。
会員(ご家族等含む)の皆さんの手作り作品やフリーマ ーケットで売られているような物を出品してください。販売価格は、出品者が決めてください。いつも通り売り上げの10%を八腎会で委託販売手数料としていただきます。

(2)販売のお手伝いできる会員の方を募ります。
参加日(3日間)を通して、会員の皆さんのお手伝いを募ります。参加期間中のお手伝い可能な場合は、短時間でも結構ですので、今回もよろしくお願いいたします。
上記(1)(2)の詳しい内容・段取りについては、後記の事務局担当者<連絡先>にご連絡いただければ、その際にお知らせいたします。

会員はもとよりその他の皆さんも、是非私たち八腎会のテントにお立ち寄りください。
(八腎会のテントは、八王子駅北口の西放射線ユーロード「紳士服のキクマツヤ」の前あたり)

なお、八腎会としては、今回も八腎会テント内に「腎臓病・人工透析何でも相談室(ピア・カウンセリング)」を期日時限定にて、次の通り開設しますので、腎機能が落ちている方や人工透析治療を受けておられる方など、腎臓病に関わることでしたら何でも結構ですからお気軽にお立ち寄り・ご相談ください。
【1】日 時:10月8日(日)と10日(火)午後1時〜午後4時
【2】相談員:八腎会事務局長(透析患者)&個人HP「人工透析二人会」会長&日本透析医学会正会員
        八腎会役員(透析患者・献腎移植体験者)
【3】相談料:会員はもとより非会員・八王子市非在住者含め無料
また、この相談室にて、八王子市在住の腎臓病・透析患者・腎移植者に限り八腎会に「個人会員」として入会希望の方は即入会手続きができます。(いつ入会してもその年度の年会費100円)

 <特報!> 
今回も、八腎会会長池谷がバンドリーダを務めるブルースバンド“TAXI”が八王子古本まつりの中町公園特設ステージに出演いたします!10月8日(日)の午後1時から始まります。どんなバンドかは、YouTubeで観ることができますよ。YouTubeの“TAXI”オフィシャルチャンネルURLは次の通りです。URLをクリックしてご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCtSL2baY5kbdstZ_dic1Yug
                 
<連絡先>
☎042−663−8746    事務局長:岩崎正宏 (月水金透析) 
Eメール:iwasaki114@helen.ocn.ne.jp
☎042−622−4738  イベント担当:齊藤和巳 (月水金透析)
Eメール:kazutou_s@yahoo.co.jp    

★「第17回八王子古本まつり」のWebサイトのURLは次の通りです。URLをクリックしてご覧ください。
http://hachiojiusedbookfestival.com/


[119] 八王子市地域腎友会主催「第15回透析サロン」報告 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/09/10(日) 13:59 


   (第8回総会&第15回透析サロン会場風景)

去る平成29年6月25日(日) 、「八王子市地域腎友会」主催「第15回透析サロン」は、午後1時からの「第8回総会」に引き続き、八王子市クリエイトホール11F第7学習室にて、午後2時から午後4時まで開設されました。今回の透析サロンのテーマを『あきらめるな!腎不全根治的治療「腎移植」について』と題し、東京医科大学八王子医療センター腎臓病センター副センター長「岩本 整」先生、八王子医療センターレシピエントコーディネーター「池田千絵」先生のお二人をお招きし、今回は会場の皆さんとの質疑応答を中心に行い、その質疑応答を次の4つのカテゴリーに分類し、各カテゴリー毎に活発な意見交換が行いやすい環境を作りました。
@献腎移植希望登録の具体的手続きと費用
A腎移植の実際(手術内容、免疫抑止剤、HLA問題、入院・通院期間、費用等)
Bわが国で腎移植が増えない要因
C腎移植に備えるための日頃の人工透析治療のあり方(移植医の立場から)
今回透析サロンの質疑応答の中で、両先生が特に強調されたポイントを次に紹介しておきましょう。
<両先生の強調ポイント>
◆最近の傾向を見ると、献腎移植は減少傾向にある。その理由として、脳死が人の死であることが臓器移植を前提に脳死法が存在しているため、心停止下の腎臓の状態が脳死下よりも良くないのではないかと心停止下の腎移植が敬遠され、その分生体腎移植の方に回ったことが考えられる。献腎移植希望者には、心停止下の腎移植でも問題ないことを是非理解願いたい。
◆献腎希望登録は、三多摩地区で唯一八王子医療センターで出来るが、登録の際には現在通院している透析医療機関の主治医の紹介状(≒推薦状)が必要で、登録費用は、新規の場合が3万円、その後の年1回の更新料が5千円である。登録時に血液検査(血液型・HLAと感染症)があり、この費用は別途必要で、その額は、医療機関により異なり、また都道府県からの助成もあるので、登録の際にはご確認いただきたい。更新時も、登録後10年が過ぎて移植が近いと思われる人に限り血液検査やその他検査を行うが、その場合には更新料とは別に登録時と同様に基本的に実費自己負担となる。
◆移植医療の進歩により70歳以上の高齢腎移植も増えているが、献腎希望登録の上限年齢については、目安献腎待機年数15年、現在の平均余命等からして、満60歳以下内で登録を済ましておくのが現実的である。現在の透析患者が献腎希望登録しているのは、直近で全国1万2千人程度(うち八王子医センター登録業務を行った透析患者は累積で約200名)で、高齢化の影響をもろに受け、透析患者全体のわずか3.7%に過ぎず、今後献腎希望登録を増やしていくために、満60歳以下の透析患者は是非前向きに検討していただきたい。
◆腎移植の手術時間は3〜4時間で、入院期間は、生体腎移植の場合ドナーが1週間、レシピエントが1ヶ月弱である。献腎移植の場合レシピエントは1ヶ月前後の入院が必要である。
◆腎移植のレシピエント医療費については、移植時に年間700〜800万円、次の年からは免疫抑制剤、通院で対応する検査費用等に年間250万円なので、3年目からは透析患者年間透析医療費に比べ大幅に下廻ってくるので、国民医療費削減の観点からも腎移植はお勧めである。
◆献腎移植が増えない理由の一つとして、「臓器提供意思表示カード(いわゆるドナーカード)」を記入してくれた人はまだ国民の1割程度に留まっているが、この記入者を増やしていくには、まずは1年中透析患者自らが家族・親戚・縁者、近所や地域社会の知り合い等に対して記入はもとよりその人たちにも同様の協力をお願いし、意思表示カード記入の輪を広げることが必要ではないか。(先ず甲斐より始めよ)
◆これから献腎移植を増やしていくためには、脳死判定のできる医師や移植ドナーコーディネータを増やすことと移植までの脳死判定のシステム・手続きの簡素化も必要でる。(臓器移植政策課題が多い)
◆献腎希望登録後の待期期間中の透析治療については、しっかり透析(十分な透析量の確保)、しっかり食べる(特にたんぱく質・エネルギーを充分に)ことを励行し、いざ移植実施となったときには、石灰化による動脈硬化もなく、心血管障害・脳血管障害も起こしていず、悪性腫瘍にも罹っていないなど腎移植がスムースに行われるような体づくりが必要である。また、これらのことは、移植に至らず透析のままでも元気で長生きの確率を上げる透析治療であることは言うまでもない。

最後に次回第16回透析サロンを12月10日(日)<フリ−ディスカッションの予定>開設することとして、今回の第15回透析サロンを終了しました。


[118] 八王子市地域腎友会「第8回」総会報告 Name:「八腎会」事務局長 岩崎正宏 Date:2017/07/13(木) 15:37 
去る平成29年6月25日(日) 、八王子市地域腎友会「第8回総会及び第15回透析サロン」を、途中午後1時55分からの5分の休憩をはさみ、午後1時から午後4時まで開催いたしました。八王子市クリエイトホール11F第7学習室に来賓・ゲスト・傍聴者含め32名が参加する中、「第8回総会」においては、斉藤副事務局長の「開会の辞」の後、池谷会長の挨拶に続き、八王子市地域腎友会顧問でもある八王子市議会公明党「小林信夫市議」、自民党から都議立候補「鈴木レオ候補」、民進党から都議立候補「安藤修三候補」及び日本共産党八王子市議会議員団「市川克宏市議」の来賓の方々から、今回総会開催の祝意と腎移植医療の推進、障害者福祉、特に障害者災害対策への今後の積極的な支援や協力など、心のこもったご挨拶を頂き、「第8回総会」は順調に始まり、その後総会議長として、清水筆頭副会長(現「桑の実会」会長)が選出され、平成28年度活動報告・平成29年度活動計画(案)、平成28年度収支報告・平成29年度予算(案)と会計監査がそれぞれの担当から説明・報告が行われ、平成29年度役員体制(案)も含め、すべて議案通り承認されました。こうして、「第8回総会」は無事滞りなく閉会となりました。
全会一致で承認された「第8回総会」議案については、それぞれ次の通りです。

◆平成28年度活動報告・平成29年度活動計画◆
【1】平成28年度活動報告
(1)「八王子市地域腎友会」役員会開催(第17回6/25<日>、第18回12/18<日>の2回)
(2)「八王子市地域腎友会」第7回総会開催
(6/26<日>)
(3) 「透析サロン」開設(第13回、第14回の2回)
(6/26<日>、12/18<日>)
(4) 八王子市イベントへの参加(会のPR、慢性腎臓病CKD・人工透析何でも相談実施、手作り作品・持寄り雑貨等の販売)
@第14回八王子古本まつり(5/1<日>〜5/4<水>)
A第15回八王子古本まつり(10/8<土>、10/9<日>、10/11<火>)
(5) 毎月1回(原則第4土曜日の午後1時〜4時)「八王子市地域腎友会」事務局に「透析何でも電話相談室(ピア・カウンセリング)」設置
(6) 八王子障害者団体連絡協議会(八王子市参加団体68)の一加盟団体として、八王子障害者団体連絡協議会主催の総会(5/21<土>)・例会・運営委員会への適宜出席
(7) Webサイト「八王子市地域腎友会」お知らせ掲示板にて、「八王子市地域腎友会」の諸活動を所属会員等に都度通知・報告
【2】平成29年度活動計画
平成29年度活動のベースとなる「八腎会」の二つの目的(二つの柱)
@元気で長生きのできる「しっかり透析(高頻度・長時間・高血流)」の習得と実践と啓蒙⇒「脱その場しのぎ透析」「脱その日暮らし透析」
A「八腎会」の団結力を最大限結集して、八王子市当局への透析患者の福利厚生・災害対策等に係る要望・陳情・請願
(1)「八王子市地域腎友会」役員会適宜開催
(年に2〜3回程度、以下の事項・内容を都度具体的に審議・決定)
(2) 「八王子市地域腎友会」第8回総会開催
(6/25<日>)
(3) 八王子市地域腎友会メインイベント「透析サロン」の定期開催(年に2回)
  (6/25<日>、12/17<日>の2回を予定)
「透析サロン」のWebサイトあり。(透析サロンで検索)
(4)八王子市の障害者イベントへの積極的参加
@第16回八王子古本まつり(5/4<木>〜5/7<日>)
A第17回八王子古本まつり(10/7<土>〜10/10<火>)
<八王子古本まつり参加の意義・目的>
・会員(その家族含め)の手作り作品・持寄り雑貨の販売(趣味と実益)
・八王子市民へ八腎会のPR
・腎臓病・人工透析何でも相談(ピア・カウンセリング)
・個人会員募集
B第32回障害者文化展(1/16<火>〜1/22<月>)
(5) 八王子障害者団体連絡協議会(八王子市参加団体67)の一加盟団体として、対八王子市障害者福祉課との懇談会(年1回、9月予定)、市議との懇談会(年1回、11月予定)への参加、その他八王子障害者団体連絡協議会主催の総会(5/20<土>)・例会・運営委員会への適宜出席
(6) 引き続き毎月1回(原則第4土曜日の午後1時〜4時)「八王子市地域腎友会」事務局に「透析何でも電話相談室(ピア・カウンセリング)」設置
・電話相談室TEL:042−663−8746
尚、池谷会長が八王子市長より任命を受け、平成24年4月1日より「八王子市社会福祉委員」及び「八王子市身体障害者相談員」の業務を委託されています。相談障害区分は、「じん臓」ですので、こちらの方もご活用・ご利用ください。(TEL:042-666-6066)
(7)八王子市当局への要望・陳情・請願
@透析患者など満65歳以上の新規障害者(障害者手帳1〜2級新規取得者)に対する「心身障害者医療費助成制度(いわゆる○障)」と「心身障害者福祉手当」適応への取り組み(二つとも東京都の制度であるが、対八王子市当局へも働きかけ)
A透析患者の災害対策への取り組み(大地震・富士山大噴火等により ライフラインストップした場合に透析可能な医療機関の確保をめざすとともに、全体としては、福祉避難所(二次避難所)の整備問題と災害時要援護者避難支援制度の活用問題の二つにまず絞り込む)
(8) Webサイト「八王子市地域腎友会お知らせ掲示板」にて、「八王子市地域腎友会」の諸活動を所属会員等に都度通知・報告(地域腎友会で検索)

◆平成28年度収支報告及び平成29年度予算&会計監査◆
【1】平成28年度収支報告<平成28年4月1日〜平成29年3月31日>
(1)収入の部
前年度(平成27年度)繰越金:74,798円         
八王子市社会福祉協議会からの助成金:40,000円
年会費収入:14,400円
手作り作品・持寄り雑貨等委託販売手数料:5,595円
合 計:134,793円
(2)支出の部
印刷費(インクカートリッジ代、コピー代):27,03円
通信費(切手代、郵送料、宅配手数料):15,985円
事務用消耗品費(文房具、備品類):2,516円
雑 費(各種会費・イベント参加費・お茶代等):31,494円 
合 計:77,598円
(3)差引収支:57,195円
【2】平成29年度予算<平成29年4月1〜平成30年3月31日>
(1)収入の部
前年度(平成28年度)繰越金:57,195円
八王子市社会福祉協議会からの助成金:40,000円                                   
年会費収入(患者会のない個人会員含め200名);20,000円
手作り作品・持ち寄り雑貨等委託販売手数料:15,000円 
合 計:132,195円
(2)支出の部
印刷費(用紙代、インクタンク代、コピー代):22,400円
通信費(切手代、郵送料、宅配手数料):24,400円
事務用消耗品費(文房具、備品類):20,000円
雑 費(各種会費・イベント参加費・お茶代等):65,395円 
合 計:132,195円

上記、平成28年度会計監査結果、正確であることを認めます。

 平成29年6月25日
                   会計監査    小川泰江

◆平成29年度役員体制◆
(役 職) (氏  名)      (現所属患者会・役職)  
会 長   池谷 匠   めじろ台西澤クリニック「めじろ会」会長
副会長   清水秀雄  八王子東町クリニック「桑の実会」会長
  々     山本夕美子 高尾駅前クリニック「高尾もみじ会」会長兼ブロック担当
        (平成29年6月12日、脳卒中のため逝去されました。合掌)
幹 事   齊藤和巳   八王子東町クリニック「桑の実会」書記
(副事務局長)
会 計   吉田芳子   個人会員
会計監査 小川康江   めじろ台西澤クリニック「めじろ会」会計
事務局長 岩崎正宏   高尾駅前クリニック「高尾もみじ会」広報兼アドバイザ―



1件〜10件(全126件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板 1616BBS