70480

Message Board of Glacier & Ice Sheet Research Group

北海道大学 低温科学研究所 氷河・氷床グループの掲示板です。
氷河と氷床に関する疑問、質問、コメントなども歓迎します。
[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

[1440] 低温研研究集会 Name:Yoshihiro.Y Date:2017/11/20(月) 19:35 [ Reply ]
本日から「グリーンランド氷床における近年の質量損失の実態解明:メカニズムの理解と影響評価」が行われています。写真は本日のトリをつとめた福本君です。


[1441] RE:低温研研究集会 Name:Izumi.A Date:2017/11/22(水) 21:36
2日目の様子です。

今回の研究集会は、
1日目は氷河氷床・気象、
2日目は政治・社会、氷床表面プロセスと気候変動、アイスコア、
3日目はアイスコアと海洋
についてのセッションが開かれました。

昨年度と大きく違ったのは、人文社会分野からの発表が6件もあったことです。
グリーンランドについて、社会学からのお話が聞ける機会はなかなかないので、興味深かったです。



[1435] しらせへの私物積み込み Name:山根 志織 Date:2017/11/06(月) 22:18 [ Reply ]
本日、南極観測船しらせへ私物を搬入してきました。
初めてのしらせに乗船し、その迫力に圧倒されました!

南極出発まで1ヶ月を切り、より一層実感が湧いてきました。

明日は、最後の打ち合わせと壮行会です。


[1436] RE:しらせへの私物積み込み Name:山根 志織 Date:2017/11/06(月) 22:20
個人の船室の写真です。


[1438] JARE59壮行会 Name:杉山慎 Date:2017/11/13(月) 12:36
明治記念館にて恒例の壮行会が開催されました。
観測隊を支えるたくさんの方々の存在に気づかされます。
華やかな催しで気分的にも盛り上がりますね。


[1439] しらせ出航 Name:杉山慎 Date:2017/11/13(月) 12:39
11月12日にしらせの見送りに行ってきました。約180名のりりしい海上自衛官の方々と共に、
予定どおり晴海ふ頭を離れていきました。
二週間後にオーストラリアから乗船、もうすぐです。


[1437] スイス実習報告会 Name:Yoshihiro.Y Date:2017/11/10(金) 21:15 [ Reply ]
今年もスイス実習の報告会が開催されたので、経験者として見学にいきました。どの班もレベルが高い発表をしていましたし、すばらしい経験をしてきたことがわかりました。
これからも多くの人が参加してほしいと改めて思いました。


[1434] 南極学特別講義2 Name:杉山慎 Date:2017/10/31(火) 00:48 [ Reply ]
今年もHeinz BlatterとWilly Hagenを講師に迎えて、
南極学特別講義2を開催しました。
例年よりたくさんの大学院生が極域科学の基礎と先端を英語で学んでします。
打ち上げは「こころ」でスープカレー!


[1432] 北大 Super Scientist Program Name:杉山慎 Date:2017/10/23(月) 09:28 [ Reply ]
高校生を対象とした北大のプログラムで、
カナック氷帽での衛星データ解析が進められています。
アイルランドの学会での発表を報告してもらいました。
12月にはAGUでも発表予定とのこと、素晴らしいですね!


[1433] RE:北大 Super Scientist Program Name:杉山慎 Date:2017/10/23(月) 11:09
アイルランドのお土産に紅茶と"Fudge"を、
横浜のお土産にお菓子を頂きました。
ゼミ室におきますので皆さんでどうぞ!


[1431] Sun2Ice Name:杉山慎 Date:2017/10/20(金) 19:18 [ Reply ]
ETHが今夏カナックで実施したプロジェクト、
Sun2Iceの活動が紹介されています。
https://www.ethz.ch/en/news-and-events/eth-news/news/2017/10/arctic-surveying-with-solar-drones.html

ビデオがとても良くできていて美しいです。


[1422] ラングホブデ氷河観測 Name:箕輪 Date:2017/10/06(金) 19:53 [ Reply ]
南極観測の準備が急ピッチで進んでいます.

先週は観測隊全体の打ち合わせが立川でありました.
多数の人間が関わるので,打ち合わせは実に入念に行われます.

氷河班は行動訓練も実施しました.


[1423] RE:ラングホブデ氷河観測 Name:箕輪 Date:2017/10/06(金) 19:55
来週の出荷に向けパッキングも進んでいます.
これまでいろんな観測にいくチャンスがありましたが,ここまでの大荷物は初めての経験です....


[1424] RE:ラングホブデ氷河観測 Name:箕輪 Date:2017/10/06(金) 19:59
お酒も入念にパッキングを進めています.


[1426] 極地研でのパッキング Name:箕輪 Date:2017/10/16(月) 07:55
先週は低温研からの荷物発送を手伝って頂きありがとうございました.機材は極地研に集積され無事梱包が完了しました.

今週はいよいよしらせへの積み込みがあります.


[1427] RE:ラングホブデ氷河観測 Name:山根 Date:2017/10/16(月) 19:14
[1426] 極地研でのパッキングより, 梱包が完了した荷物の写真です.
写真右側の男性(極地研の田村准教授)と比較すると荷物の多さがわかります.
氷河チームの荷物の総重量は…ざっと2.7トン!

お手伝い頂いたみなさま、本当にありがとうございました。


[1428] RE:ラングホブデ氷河観測 Name:山根 Date:2017/10/16(月) 19:19
機材の梱包と同日に,野外行動訓練も行われました。

氷河のクレバス(氷の割れ目)に人が落ちた時に,ロープや専用の器具等を用いて救助するための訓練です。

手順がなかなか難しいですが,もしもの時のために非常に重要です。

今回は,屋外で実際に人が落ちたことを想定して救助の練習をしました。


[1429] RE:ラングホブデ氷河観測 Name:山根 Date:2017/10/16(月) 19:26
連投失礼します.

こちらの写真が,落下した(人役の)高村さんです.


[1430] 大井埠頭搬入 Name:箕輪 Date:2017/10/20(金) 07:57
大井埠頭へ機材を搬入しました.寸法,重量,箱数を検数協会という外部組織に再度計測してもらい最終チェックです.来週から本格的にしらせに積み込まれます.これで観測機材の方は一段落つきそうです.


[1425] 海洋学会 Name:Kanna Date:2017/10/15(日) 17:28 [ Reply ]
現在開かれている秋の海洋学会に参加しています。今年は仙台市の仙台国際センターでの開催です。

私は2016年のグリーンランド観測成果についてポスター発表を行いました。

同世代の方々との議論は励みになります。


[1421] 極地「南極半島ツーリズム読本」 Name:杉山慎 Date:2017/10/03(火) 17:12 [ Reply ]
日本極地研究振興会が発行する「極地」。
最新号の特集は「南極半島ツーリズム読本」です。
私は「ドラえもん」の書評で貢献しました。
ゼミ室においておきますね。


[1420] Nano SIMSを使った解析 Name:柴田 Date:2017/10/02(月) 14:02 [ Reply ]
9月25日〜28日

飯塚先生と安藤さんと柴田の3人で東京大学大気海洋研究所にあるNano SIMSを用いて硫黄同位体比の解析をしました。
Nano SIMSを使った解析は今回が初の試みということで、試行錯誤しながらの解析となりました。
今回測定した硫黄の同位体比を用いて供給源を考察していく予定です。

写真はNano SIMSを背景に東大の鹿児島先生と撮影したものです。
最初は内容についていけず迷惑をかけることもありましたが、とても貴重な経験となりました。
ありがとうございました!



[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
1件〜10件(全601件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡

Powered by 1616BBS